Deutsch Englisch Russisch
Sprache: 
 

「ラインハウゼン 音楽の家」
“Musikhaus  Reinhausen"

室内音楽と声楽の国際センター
Internationales Zentrum für Kammermusik und Gesang.

マスタークラス、コンサート、ホール録音
Meisterkurse,  Konzerte, Tonstudio

発声法指導の鬼才 カントベルゼン教授による
東京・大阪・大垣・松本 における今秋の日本レッスンシリーズ

東京・10月20日~21日、11月1日~6日

大阪・10月22日~26日、10月30日~31日

大垣・27日~29日

松本・11月7日

受講料金:東京、大阪は初回3万円 以後相談・他市は料金に相違

聴講料金:東京、大阪は初回5千円 以後3千円・他市は料金に相違

詳細・申し込み:kontakt@realsoundartists.de
日本から直通電話:010ー49ー151ー2550ー1755(日本語)(日本レッスン中は不通)
日本の連絡先電話:080ー3244ー4711(10月20日~11月7日の間のみ)

 

 

Prof. H. Kobayashi
による声楽家に説く究極の発声法

日本公開(と個人)レッスン シリーズ
2015年7月
18日(土)松本              (公開)
19日(日)大阪 阿倍野 (公開)
20日 (月)大阪 阿倍野 (公開) 6
21日 (火)大阪 阿倍野 (個人)
22日 (水)大垣               (公開)
23日 (木)大垣               (公開)
24日 (金)大垣               (公開)
25日 (土)大阪 阿倍野 (個人)
26日 (日)大阪 阿倍野 (個人)
27日 (月)東京 江古田 (個人)
28日 (火)東京 江古田 (公開)
29日 (水)東京 江古田 (公開)
30日 (木)東京 江古田 (個人)
31日 (金)東京 江古田 (公開)
8月1日(土)東京江古田(公開)

 

ドイツ公開(と個人)レッスン シリーズ

8月25日(火)  ~30日(日)・・・・ラインハウゼン <ドイツ> 1時間 ....  20000円

 

申し込み:kontakt@realsoundartists.de

            最初に、参加希望項目である 日本レッスンの受講/聴講(いずれも都市名と日時を書く)やヨーロッパ・マスタークラスの参加都市名 等を書いて

   から参加者の名前・年齢・声種・メールアドレス・ケータイや固定電話番号・現在の職業に将来の目標と声についての問題や悩み等を気軽にお書き下さい。

* 日本での連絡:電話080-3244-4711 (7月17日~8月1日までの間)

一週間メルヒェンチックなドイツのクリスマス声楽マスタークラス」…参加者募集中

 
Realsound社が贈るドイツの美しきクリスマスが溢れるメルヒェンの町並みに心を躍らせながら歌の勉強をするマスタークラスに参加しませんか?
もうみんなに有名なニュルンベルクの不夜城のような豪華なジャイアントクリスマス市ではない隠れたようなクリスマスの美しき小さな町、Quedlinburg などの街を訪ねながらの、心に優しさやぬくもりと幸福を感じる、小グループによる家庭的雰囲気の中での歌の修養会です。
 
期間:11月30日~12月6日(現地集合・解散)
場所:ドイツ、Reinhausen 、音楽の家
講師:カントベルゼン・コバヤシ教授、ベルンハルト・ヴュンシュ教授
 
費用:980 ユーロ(講習・レッスン、宿泊、食事その他の費用を含む)  
 
主なスケジュール:
 
11/30 10時集合/ 講習会始まり
12/1 レッスン、ゲッテインゲンクリスマス市訪問
 2 レッスン
 3 レッスン、教会音楽会鑑賞
 4 レッスン、終了コンサート 
 5 Quedlinburg クリスマス市訪問(ユネスコ世界文化遺産)
 6 音楽の家クリスマス祝会/ 解散 
 
特典:終了クリスマスコンサートに出演, 教会音楽会鑑賞、
*希望者にはCD録音も致します(別料金)
 
詳細と申し込み:kontakt@realsoundartists.de
 
  メールの最初にドイツのクリスマスマスタークラス申し込み と書いて参加者氏名、年齢、メールアドレス、ケータイや固定電話番号また将来の目標、声や歌についての悩み等があればお書きください。
 
 
<その他のヨーロッパ声楽マスタークラス案内>
2015年11月13日~15日 週末マスタークラス(400ユーロ)
2016年5月1日~7日ゴールデンウイークのマスタークラス(980ユーロ)
2016年8月中旬頃 夏休み一週間ラインハウゼンの声楽クラス
*その他希望に応じたマスタークラスも新たに設定可能です。

奇跡の発声法
カントベルゼン  2015年 8月のウィーンとドイツの国際声楽セミナー

 

8月11日~16日....ウィーン講習会

マスタークラス、個人レッスン、発声原理についての特別講演会、オペラ座ゲネプロ見学会、参加者修了コンサート、等。

8月18日~23日.....ドイツ・ラインハウゼン講習会

マスタークラス、個人レッスン、参加者修了コンサート、記念CD ,等。

費用
ウィーン.....950ユーロ (レッスン料のみで、滞在費は含まれません。)

ラインハウゼン.....1700 ユーロ(宿泊・食事等の滞在費も含みます。)

参加希望者の申し込み:

メールアドレス.....  kontakt@realsoundartists.de 

最初に、2015年8月のウィーンかドイツの(または両方)講習会に参加。とかいて、
参加者名、年齢、住所、メールアドレスや電話番号、声種、声楽プロかアマを記し、将来の目標や悩み等を気軽にお書き添えください。

......................................................................

                究極の発声法指導者
        ハル   カントベルゼン・コバヤシ

日本公開(と個人)レッスン・シリーズ
2015年
4月28日~5月1日.....東京練馬
5月2日.....松本
5月3日~6日.....大阪
5月7日~9日.....大垣
5月10日~13日.....東京練馬

受講料.....初回3万円、以降各自相談(所により変動)
聴講料.....初回5千円  、以降3千円(所により変動)

受講・聴講申し込み:次のメールアドレスに
kontakt@realsoundartists.de

最初、カントベルゼン日本レッスンシリーズ、受講(か聴講)の申し込みと書いて、
本人の氏名、年齢、声種、声楽歴、メールアドレス、ケータイ電話番号、を記し、将来の目的や、悩み等を気軽にお書きください。

現地での電話連絡は.....080ー3244ー4711(4月27日夕方より5月13日まで可能)

 

 


2015年度 カントベルゼン教授のヨーロッパ における  声楽講習会・シリーズ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                   特別開催プロジェクト

<春休み....ドイツとウィーンの声楽講習会>

ハル・カントベルゼン教授の究極の発声法
を学び 歌の真理を知る為の集中講習会
                   
                   受講参加者募集中

前半
3月15日~20日・Reinhausen  ( 中部ドイツ)
後半
3月22日~27日・ Wien   (オーストリア)

指導:Prof. H. Kobayashi

費用:
全(前後両方の)講習会参加......2050ユーロ(ドイツの滞在での宿泊費と朝食代は含まれています。)
ドイツ講習会のみ参加..1100ユーロ(宿泊費・朝食代込み)
ウィーン講習会のみ参加... 950ユーロ(宿泊・食費等の滞在費含まず)

講習会の主な内容:

*1人毎日1時間の個人レッスン
*毎日1回の合同公開レッスン
*カントベルゼン発声法についての一般公開 特別講演会(ウィーンのみ)
*公開終了コンサート(ウィーンのみ)

ウィーン参加者全員に与えられる特典:

*ウィーンオペラ座のプローベ見学
*ウィーン参加終了コンサート出演
*ウィーンホイリゲでの打ち上げパー          
     ティーへの招待

**全講習会参加申し込みの最初から2人に
ウィーン国立歌劇場の鑑賞券を贈呈します。

申し込み:次の e-Mail アドレス
kontakt@realsoundartists.de
の最初に、春休みドイツとウィーンの講習会参加申し込み
と記し、参加する国や都市名と期間を書いて、次に名前、年齢、声種、職業、住所、e-Mailアドレス、ケータイ番号 を記し、声楽上の将来の目的や悩み等も気楽にお書きください。

電話 080ー3244ー4711(1/28~2/17 の間のみ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        カントベルゼン究極の発声法
      
     2015年  日本公開レッスン・シリーズ
                  受講者・聴講者募集中

東京:2月10日(火)~17日(火)
大阪:2月3日(火)~7日(土)
福岡:1月31日(土)~2月1日(日)

指導:Professor Haru  KANTOBELZEN-KOBAYASHI

受講料:初回3万円(2回目より相談額)

聴講料:初回5千円(2日目より3千円)

受講者はイタリア語とドイツ語の歌曲やアリアから2~3の自由曲を用意(他言語も可)

ピアノ伴奏者の同伴は自由。

上記いずれの都市でも期間中個人レッスンの日も設定いたします。
またレッスン時間と会場については受講や聴講希望者に直接連絡いたします。

申し込み: 次の  e-Mail  アドレス kontakt@realsoundartists.de

に最初、カントベルゼン公開レッスン (または個人レッスン) の申し込み、と記し、受講希望都市と日時を書いて
名前、年齢、声種、職業、
e-Mailアドレス、ケータイ番号、固定電話番号を、更に声楽上の将来の目的や悩み等をも気楽にお書きください。

電話:080ー3244ー4711(1月28日~2月17日の間のみ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        究極の“カントベルゼン発声法“

今まで誰も知らなかったと言うイタリア・ベルカント発声法の一番重要と思われる、発声原理解明の死角でもあった、あるポイント、それはベルカント発声の秘密とも言えるものであったのだが、その謎を完全に解き、万人にも分かりやすく説明する人が、知る人ぞ知るハル・カントベルゼン教授だ。彼は今ドイツ、イタリアは勿論ヨーロッパの声楽関係者の驚きと称賛のただ中にいる声楽指導者であるといえよう。
カントベルゼン氏には素晴らしい歌手を短期間に育ててしまうのは当たり前で、発声の間違いや音声障害で悩み苦しむ声楽家を迅速に救い上げ高い水準の歌い手に仕立てて仕舞うのだから半端ではない大変な教育者である。

2013年9月から始まった日本でのカントベルゼン・レッスン・シリーズで今日まで彼の元に残って修練する声楽家はみなそれぞれの目的を達成しつつ有り、イタリアに長期滞在して研修に励んだ留学生も日本に帰国後、カントベルゼン氏に出会い、やっと初めてベルカント発声法の真理が分かったというので有るから、成るほどヨーロッパの声楽関係者が、
ハル・カントベルゼンの事を “神の手を借りるウ゛ォーイストレーナ“ と言うのが全く良く納得出来るのである。  (B.Faburiyan)

 

「ラインハウゼン 音楽の家」
“Musikhaus  Reinhausen"

室内音楽と声楽の国際センター
Internationales Zentrum für Kammermusik und Gesang.

マスタークラス、コンサート、ホール録音
Meisterkurse,  Konzerte, Tonstudio

 

....................................................................

音楽の家  に於ける
<カントベルゼン 声楽アカデミー>

ドイツ・リード    /  オペラ /  リート伴奏法

主任指導者......ハル・カントベルゼン教授

研修期間.........随時 希望の期間

費用......留学についての項目参照

<ウ゛ュンシュ室内楽アカデミー>

ピアノ  / ピアノ伴奏法  /室内楽 / 指揮法 /オーケストラ

主任指導者......マエストロ、ベルンハルト・ウ゛ュンシュ

研修期間......随時希望の期間

費用......留学の項目参照

<  音楽の家  コンサート歌手 >
ソプラノ  アイリカ

....................................................................

音楽の家  
所在地:ドイツ中央部、学識都市ゲッティンゲンの東南東10キロ 、人口1500人の小さな町
住所: 
Musikhaus
Waldstrasse 30, 37130 Gleichen-Reinhausen
Germany
....................................................................

“音楽の家 ラインハウゼン“ は、世界中からクラシック音楽のプロやその音楽を学ぶ人達が、マスタークラスやセミナー参加、演奏会、演奏録音等を目的に集まる音楽センターである。
この家は2人のマイスターとソプラノ歌手の音楽ファミリーによって構成され、その各々の力と3人の連なるエネルギーで、音楽修業者と一般の人々を音楽の喜びの世界へと誘ってくれる。
その第一の柱となっているのが声楽発声法の世界的指導者ハル・カントベルゼンであり、そのマスタークラスである。 氏の指導する真理の声楽発声法や音楽そしてリート伴奏法を受ける為に、 声楽家やピアニストがこの音楽の家にやって来て滞在するのであるが、カントベルゼンはテクニックや音楽だけでなく人の心や考え、そして精神を修養・練磨する道をも示してくれる。
この音楽の家の2つ目の柱はマエストロ、ベルンハルト・ウ゛ュンシュであり、その室内楽演奏と指導である。
彼はピアニスト兼オーケストラ指揮者で、第2のフルト・ウ゛ェングラーとも言われるドイツ人であるが、彼はまたオーディオ関係や他の色々なテクニック分野にも詳しいばかりではなく、ラインハウゼン音楽の家の改修工事も彼のアイデアと手ずくりによって出来上がったと言うほどの多才振りであり、それゆえ彼の音楽指導内容も、また演奏する室内音楽も誰にも真似る事が出来ないほどの魅力に溢れている。
そして音楽の家の第3の柱は、今世界の歌の星として輝き始めたアイリカである。彼女のソプラノは、声ずくりの巨匠ハル・カントベルゼンがゆっくりと育てて来た本物で真実の声である。その声を聴いた人達が“人間の技を超えた奇跡の声だ“というそのアイリカのソプラノを聞く為に今日も人々がやって来る

これら3つの柱がハーモニーされた理想的な音楽ファミリーの独特なる、そして世界でも唯一であろうと思われるこの空気に触れ、全ての人々が本当の音楽の喜びを知る事を願う“音楽の家“、そしてここはまた、明日に向かって素晴らしい音楽の力で、より平和でより幸福な世界を見つけたい人達が集まって来るところでもある。

....................................................................................

 

<2014年 度の 日本レッスン  シリーズ>

 

 

世界の声楽家が知る声と歌の最も理想的な指導者
     ハル・カントベルゼン日本声楽レッスン

 

 

...............2014年10月・シリーズ.....................

   

<大阪>
公開レッスン:

                   10月2日 10時~20時
                   10月9日 10時~20時
                   10月14日10時~19時
                   11月6日15時~21時  
                   11月7日10時~18時


個人レッスン:

                   10月 1日、3日、4日、5日、6日、7日, 8日、10日、

                          11日、12日、13日、21日、23日、24日

 

<東京>
公開レッスン: 

                  10月15日13時~21時
                  10月16日10時~21時
                  10月29日12時~21時
                  10月30日10時~21時
                  11月4日 12時~21時 


個人レッスン:10月20日、

 

<大垣市>
公開レッスン:

                   10月17日12時30分~16時
                   10月22日10時30分~18時
                   10月27日10時30分~14時

 

<松本市>
公開レッスン:

                   10月25日17時~
                   10月26日9時~17時

 

 

*全てのレッスン会場や詳細については希望者に直接連絡します。
尚、東京 大阪 とも次第に申し込み者が多くなりましたので、早めの予約をお勧めいたします。

受講料:初回3万円、(以後各受講者と相談)
聴講料:初回5千円、以後3千円(受講者は受講日は無料、他日3千円)

受講者の中からカントベルゼン奨学サポートを受けるのに適する人がいれば、カントベルゼン教授とrealsoundartists社との協議により推薦者が選考されます。(カントベルゼン奨学サポートの項目を参照)

 

<申し込み>  e-mail: kontakt@realsoundartists.de


に始めに、カントベルゼン 公開か個人レッスンの受講か聴講等の申し込み、とを書き氏名、年齢、ケータイと固定電話の番号を記入の上、声種、プロかアマチュアか、受講・聴講の希望都市、希望受講日程と回数、の他 現在の歌の状況、目標、夢と  声の悩みや発声法の問題点等も気軽にお書き下さい。

 

 

 

 

都市

東京        大阪


講師:ハル・カントベルゼン教授


受講適格者:

年齢制限なしで プロ、アマとも短期間で楽に自由に歌える様に成りたい... 効率良く早く上手な歌手に成りたい... 高音域を無理なく美しく歌いたい....疲れや痛みを感じず長時間も歌える様に成りたい....との願いを持つ方々や、 声を壊した事が有り声帯に問題を起こし声が出にくい....年のせいでもう高い音が出なくなった...空気が漏れた感じのハスキーな声をもっとクリヤーな声にしたい....等の悩みをお持ちの方々、そして今 本当の発声法を掴みたいと思っている方 等。

 

受講料:

1時間 3万円(数回受講者は状況により割引相談も可能です。)
受講曲:ドイツ・イタリア歌曲やオペラ アリアから自由曲で 楽譜は2部ずつ持参

 

申し込み:

メールアドレスkontakt@realsoundartists.de   へ最初 に「カントベルゼン日本レッスン受講希望」とお書きの上、受講者の氏名、年齢、声種、プロかアマチュア、並びに ご本人のメールアドレス、ケータイと固定電話番号、そして受講ご希望の都市と、受講回数と受講可能な日程と時間もお知らせ下さい。また声について悩みや相談事、将来の希望や夢等、色々とどうぞ気軽にお書き下さい。

 

<<2014年中の後続の日本レッスン シリーズ予定時期>>
2014年5月20日~6月上旬  並びに10月中旬~11月上旬を予定です。
受講者が段々と多くなってきましたので、次回受講をご希望のお方は、今から早めに希望の有無のみだけでもお知らせして戴き、予約をなさる事をお勧め致します。
....................................................................................

 

 

本当の歌の喜びと自由を得るカントベルゼン発声法


公開レッスンと個人レッスンの受講希望者募集

受講者の中からドイツ給費留学で招待されるカントベルゼン奨学者が選ばれます。

レッスン期間(公開・個人 含む)
2014年8月11日(月)~20日(水)東京・大阪

公開レッスン
東京
2014年8月12日(火)10時~19時  
2014年8月20日(水)10時~19時
会場:東京都、江古田、ギャラリー古藤(ふるとう)

大阪
2014年8月18日(月)10時~18時
会場:大阪、梅田、R H Y

講師:ハル・カントベルゼン教授(東京、大阪 )

受講料:初回3万円(以後相談)

 

<申し込み>
kontakt@realsoundartists.de

に始め、日本レッスンシリーズ 申し込み  と書いて
希望者の名前、声種、年齢、希望の受講 都市と日程、ケータイ番号、固定電話番号をお書きの上、
簡単な音楽歴と現在の発声の問題や悩み、将来の目標や夢も気楽にお書き下さい。

.....................................................................................

              

「ハル・カントベルゼン奨学者」

声楽家とピアノ伴奏者の為の奨学サポート

資格:音楽才能が特別で、将来性が大きく、経済的に恵まれないが、ハル・カントベルゼン教授の元で声楽やピアノ伴奏法の指導を受け飛躍的に成長している人、またこれから受けたいと希望する人、並びにドイツ、ラインハウゼン音楽の家のカントベルゼン声楽アカデミーへの留学を希望する人。
年齢・学歴不問

奨学サポート例:レッスン料の軽減や無料化、ドイツ留学の際の渡航費、滞在費、学費等の一部補助や無料化、

カントベルゼン奨学サポートを希望する人は、新旧生ともに、レッスン受講の際教授に直接その旨を伝え下さい。
審査はカントベルゼン教授とrealsoundartistsの共同で行います。

*奨学者に認められなかった人でも、カントベルゼン教授との相談により、学費軽減等の可能性は残されています。

.....................................................................................

 

ヨーロッパの天才声楽発声指導師 「ハル・カントベルゼン」 、

ドイツ、ヨーロッパ、日本で <<声楽レッスン>>

 

これは、今 本物の 自分の声と歌を 手に入れたい !

... 本格的な 声楽修練 をしたい !

... 今度こそ本当に実りある ヨーロッパ歌の留学 をしたい !

...失った声を取り戻したい !

... と切なる思いの中にいる方々への 福音です。

 

「...ここヨーロッパで、オペラ座の上手な歌手を一気にもっと素敵な歌手に仕立ててしまう、声と歌造りの名人トレーナー がいる。ハル・カントベルゼンだ。彼はドイツ・イタリアの才能歌手最短期間育成は勿論、間違っている発声や 無理の掛かった声、出にくくなった声等を 僅かの期間で正し、その上以前歌えなかった高い音域をも楽に歌える様にしてしまう。           

かってイタリアのあるテレビ番組で“ベルカントを救う東洋の魔術師“と紹介された そのマイスターとの出会いによって、歌を諦めていた一人の声楽学生が救われ、今やドイツの新星として 世界の頂上にゆっくりと上り詰め様としている。かの“奇跡のソプラノ“と言われる アイリカ・クリシャールだ。              

カントベルゼンは  今まで誰にも気ずかなかった、世界のどの声楽・発声法教科書にも記述の無かった、その専門家にも 死角 となっていた、それは実は正に “発声法の最重要ポイント“というべき物だった事を、“ベルカント発声法の秘密“として初めて解明し、彼の 誰にでも分かる具体的な説明と、禅の哲学思想と、溢れる愛情とエネルギーを持ってしての 全身全霊による実践指導で、ヨーロッパの声楽家達を完全にその虜にし、見る間に 本物の歌声を彼らから引き出してしまうのである。        

カントベルゼンは言う、“真の発声法は 60歳になっても70歳になってからも 歌う人を更に成長させ、命のある限りそれを支えるのだ!“  驚きだ 、これは正に全ての声楽家と歌手達にとっての  “福音“であるに違いない!.....。
(ヤーグストハウゼン音楽院長   オーラフ・パッシュネル)                        ・・・日本語訳 S.T.

「.....ハル・カントベルゼンが何故それぞれの歌手の異なる発声についての問題を、意とも簡単に魔法の様に解いてしまうのか、が不思議だ。そのなぜか、を説明できる最大の理由は、カントベルゼンが、発声原理の仕組みの一番重大なポイントで有るべきところを、ベルカントの世界でも誰も具体的には解明して説明出来なかった事を、見事にクリアーしたからであろう。    第二の理由としては、彼はその発声原理の秘密と言える部分の解明後、夜昼問わず休みなく世界の無数の声楽家を指導してきたという程の甚大な経験から、感覚的にも心情的にもまた心理的にも一人一人の声楽家の内側に近ずいて、その発声原理の秘密を素人にも分かる様に彼の心と全人格を持って説くからだ、と言えよう。
そして最後に、これも現在のカントベルゼンが造られている、軽視してはいけない理由として、彼が若い頃から個人的にも交流してカントベルゼン発声法のヒントにして来たと言う、世界的名歌手の名をここに上げてみれば、カントベルゼンの魔術師的な指導力が一体何処から来ているのか、がまた納得出来るのでは無いだろうか?  それらの名は、ゲルハルト・ヒッシュ、     ハンス・ホッター、    アストリッド・ウ゛ァーナイ、  ジェームス・キング、     ジュセッペ・ディ・ステファノ、     ヘルマン・ロイター、    カール・リッダーブッシュ、    ヘルマン・プライ、 ルイザ・ボサバリアン、    フィッシャー・ディースカウ、   エディタ・グルベローウ゛ァ、   ペーター・シュライヤー、    ブリギット・ファスベンダー     等で有る。」                                               (話:B・ファブリアン、指揮者)

 

ドイツ<<カントベルゼン・オペラ>>

並びに<<ウ゛ュンシュ・オーケストラ>>の日本パートナー団の創立にあたり、両団の研修生団員を募集。
....................................................................................

ドイツ中央部、古き学術文化都市、ゲッティンゲンに世界的発声法の権威ハル・カントベルゼン氏が指導する「カントベルゼン・オペラ団」とフルトベングラーの再来と言われる名指揮者ベルンハルト・ウ゛ュンシュ氏が率いる「ウ゛ュンシュ・カンマー・オーケストラ団」 とのヨーロッパでの 交流・合同演奏と公演を主なる目的とする日本の両パートナー団の東京・大阪創立にあたり、ドイツからの2人のマエストロの 日本来日時の直接レッスンを受講し、実力をつけながらヨーロッパ渡航演奏(時として無料招待もある)を準備する研修生団員の募集。

資格:プロ・アマ、年令問わず、上記の内容に強い興味と喜びを持つ声楽家とオーケストラ奏者

オーディション 並びに両マエストロの直接レッスン会:2014年5月19日~6月6日の間 東京と大阪にて。
(個人レッスンだけの受講希望者も受け付けています。)

 

<費用について>

オーディション  .....  2000円(両団共)
入会金  (入団時のみ).....  10000円 (両団共)

研修生費  (月額)..... 2000円 (オペラ).    1000円(オーケストラ) *両団共に6ヶ月分一括納入

 

オペラ・声楽  合同レッスン  1回 .....5000円 
オペラ研修生の個人レッスン  1時間 ..... 15000円

(声楽一般個人レッスン   1時間.....    30000円)

 

オーケストラ 合同レッスン  1時間 ..... 1500円

(一般個人レッスン    1時間 ....  20000円)

 

<申し込み>
kontakt@realsoundartists.de

 

最初に「オペラ研修生希望」か 「オーケストラ入団希望」と書き、本人の名前、年令、声種や楽器、固定とケータイ電話番号、住所、参加する都市名、参加の抱負や将来の希望等をお書きください。

 

 

<<ドイツ留学>>


短期滞在・個人留学とペア留学(2人一組)


分野:声楽   ピアノ伴奏


時期・期間:随時 応相談、「1日~3ヶ月間 」の希望の期間


場所:ドイツ中央部の町、ラインハウゼン


講習形式:個人レッスンを中心、時にマスタークラスやワークショップへの参加もある。


講師:H・カントベルゼン教授、B・ウ゛ュンシュ教授


受講料:(1人)1 レッスン・・・225ユーロ、2週間/14レッスン・・・2650ユーロ、
1ヶ月間/20レッスン・・・3700ユーロ、2ヶ月間/30レッスン・・・5400ユーロ、3ヶ月間/45レッスン・・・7500ユーロ。

(レッスン数は希望に応じることも可能です。)(1 レッスンは約90分です。)

 

(ペア)1 レッスン・・・390ユーロ、2週間 /14 レッスン・・・4300ユーロ、1ヶ月/20 レッスン・・・5800ユーロ、2ヶ月/30 レッスン・・・7900ユーロ

 

 

申し込み:

realsoundartistsのメールアドレス:kontakt@realsoundartists.de   へ最初に「ドイツ留学
希望」と書いてから、希望者名、年齢、留学希望分野、プロかアマチュアか、住所、メールアドレス、ケータイと固定電話番号それに留学希望時期・期間をそして自分の音楽に関する将来の希望、今の悩み等、色々と気軽にお書き下さい。

....................................................................................

 

 

ドイツ でのマスタークラス、アカデミー、ワークショップ、セミナー 等のお知らせ。

 

声楽家 と 伴奏ピアニスト の為の<< 花の美しき五月のドイツ で声楽修養会>>

 

...今こそ本物の声と歌を... そして素晴らしき歌の伴奏を.....

 

「ドイツ中央部に有る歴史深い文化と大学の美しき町、ゲッチンゲンの外れの小さな メルヘンチックな静かなる田舎町、ラインハウゼン。ここの伝統的な建築様式ファッハヴェルクの家庭に滞在し、地元ドイツ料理を味わい、森を散策し、丘の上の木陰からそびえ立つ千年の古きルター教会の、谷間のこの村一杯にこだまする鐘の音に、癒しの真の音楽の源を肌に感じながら、木造りの“ラインハウゼン音楽の家“の暖かく優しい響きと、ピアノ、スタインウエイの珠玉の音色と共に、本物の歌の発声と深い音楽を知り探ろうとする、短期集中の音楽修養生活を体験します。また折を見て、近くのゲーテの町、ワイマール歌劇場でオペラを聴き、更に世界文化遺産指定都市バンベルグにも訪れ、ドイツ至宝芸術文化の息吹に触れる旅も試みます。」

 

参加資格:

18歳以上のプロ、アマを問わず、歌に自分の命を感じていて、早くもっと美しく素晴らしく歌えるように成りたいと思っている方々や、発声が思うように上手く行かない、無理があって苦しい、高い音が出にくい、発声の真理を本当に知りたい、等で悩んでいる方々、またピアニストで、歌手を本当に音楽的に素晴らしく伴奏したい、と心より願う方。


期間:2014年4月29日~5月6日

 

場所:

ドイツ、ラインハウゼン


講師:

主任...ハル・カントベルゼン教授、(副任...B.ウ゛ュンシュ教授)


費用:

1920ユーロ(受講料、期間中の宿泊・朝食・昼食費、ドイツ内の交通費が含まれる)

*希望者は終了コンサートに出演します。


また本格的CD録音もいたします。(別費用)

 

「声楽修養会」 予定 日程表

2014年
4月28日(月) ラインハウゼン 集合、  ホームステイ
4月29日(火)10時~18時講習、自然散策
4月30日(水)10時~18時講習、建築様式見学
5月1日(木)10時~18時講習、千年教会訪問、夜のゲッチンゲンを歩く
5月2日(金)ゲーテの町ワイマールへの旅、歌劇場でオペラ鑑賞         ホテル泊
5月3日(土)11時~19時講習、ドイツの森策、ホームステイ
5月4日(日)10時~16時講習、19時から終了コンサート(一般客招待)     ホームステイ
5月5日(月)文化の宝庫バンベルクへの旅、修養会終了打ち上げ夕食会、     ホテル泊
5月6日(火)バンベルク 解散

 

*希望に応じて多少の変更も可能です。

 

申し込み:メールアドレス、 kontakt@realsoundartists.de
へ最初に 「五月のドイツ修養会」参加希望 、と書いてから参加者の名前、年齢、声楽であれば声種、プロかアマチュアか、住所、メールアドレス、ケータイと固定電話番号、それに将来の目標や現在の悩み事等を、気軽にお書き下さい。

....................................................................................

 

 

<<その他の 催し物 と 留学 案内>>

 

初夏のラインハウゼン「ドイツで歌と伴奏法の修養会」
期日:2014年6月29日~7月6日
費用:1920ユーロ

 

 

<<発声法とピアノ伴奏法指導の名人、H.・カントベルゼンによる、
夏と秋のドイツ・ラインハウゼン声楽集中レッスン>>

 

期日:夏 ・2014年8月23日(土)~8月31日(日)
並びに  秋・2014年10月3日(金)~10月12日(日)
費用:1920ユーロ(受講料、期間中の宿泊・朝食・昼食費・ドイツ内の交通費等を含む)
その他の事項や申し込み方法等は上記「5月のドイツ修養会」の内容とだいたい同様です。

 

 

ドイツにて、歌声を本物に造り変える「声の真理を探るドイツ 個人留学」
期日:随時相談
費用:<ドイツ留学>参照

 

 

発声治療の為の「心のドイツで、 癒しの発声法」
期日:随時相談
費用:<ドイツ留学 >参照

 

 

歌い手と伴奏者が 「一緒に ドイツリード、 歌と伴奏の特訓留学」
期日:随時相談
費用:<ドイツ留学>参照

 

 

申し込み:realsoundartists のメールアドレス     kontakt@realsoundartists.de   へ最初に 希望の催し物の題名を書いて から 参加者の名前、年齢、住所、専門分野(歌の場合は声種)、プロかアマチュアか、メールアドレス、ケータイと固定電話番号、そして将来の目的や夢、現在悩んでいる事等を気楽にお書き下さい。

.....................................................................................

音楽家の為の「ドイツ滞在CD 製作 」

<< 現地に短期間滞在しての 「ドイツで CD 録音・製作」を希望する方に ご案内>>

 

対象:

歌手、声楽家、ピアニスト、ヴァイオリニスト 等の器楽ソリスト、並びに 室内楽アンサンブル、ミニ合唱グループ 等の個人音楽家やグループで、自分自身の演奏紹介の 高水準「デモ・CD」 や 「フル録音CD」 、そして トップ演奏家の為のrealsoundartists「レーベル CD 」録音を希望する方々。

 

時期:

随時ご希望の日程を相談。

 

費用:ここをクリックしてください

 

「....ドイツ中央部の歴史古き香り高い大学の町ゲッチンゲンのすぐ隣の静かな田舎町ラインハウゼン。ここには野あり、丘あり、岩があり、森も有る自然の中の心の安らぎと癒されのある、音楽イメージの満ち溢れる所である。小高き丘の緑一杯の中腹に、よく見るヨーロッパの宮殿の一角に有る赤い三角屋根の白壁の細い塔の様な可愛い建物がぽつんと立っている。その左手の方に千年の歴史を重ねる古き石ずくりのルター教会がそびえ、その 魂を静かに柔らかく落ち着かせてくれる教会の鐘の音の響きは、谷間側の、この地方独特の伝統建築様式の家々に住む人々を落ち着かせてくれる。全てがロマンチックでありメルヘンチックなのだ。録音スタジオはこのただ中realsoundartists の音楽の家 のカンマームジーク・ホールがそれで、建物全体が木造りなので 演奏が柔らかく良く響き、音楽録音には持ってこい の音響である。その上持ってして、"最高級スタインウエイーB "が用意されており  演奏家には夢の様な事と言えよう。また録音技師自身が有名な音楽家でも有るので、高い音楽的耳を持ってのトップ演奏家の為の“上級レーベル録音“の CD製作が可能である。またこのスタジオには 他に練習室も用意されている上、宿泊滞在も出来るので、上質の音楽録音を望み、高い水準のCDを製作する為には、正に 他に比べる例の少ない理想的な環境と言えよう。」
(文:B. ファブリヤン 、ピアニスト、指揮者)

 

申し込み:kontakt@realsoundartists.de   (日本語でもOKです。)

 

 

世界の声楽発声法指導師
「カントベルゼン」  について

 

ハル・カントベルゼン-コバヤシ教授 は現在ドイツ、イタリア、オーストリア、チェコ、フランス、ロシア等の東西ヨーロッパ は元より、日本とカナダそして中国にも足を延ばして活躍する、日本で生まれた世界的な、歌の発声マイスター トレーナー である。

カントベルゼンは、声楽家とオペラ歌手を短期間で立派に育てる事や、正しい発声法による声帯の治療を、誰も真似る事が出来ない程の 超人的な的確さと速さで行うことで特別に名声をものにしている。

彼自身は幼少の頃から話す事をさえも難しかった程の虚弱な声を持っていながら歌の道を志し、その人一倍の苦しい多難な茨の道を一歩一歩分け進み、日本とドイツの音楽大学までにも到達するのであるが、ある時、更に上へ上へと登り詰めようとする彼の行く手に残酷な運命が立ちはだかる。彼がベルカント発声法を手に入れる為に訪れたイタリアの当地の有名なマエストロの所で、神意であったのだろうか、運命的で致命的な発声の反面特訓により声の完全喪失を経験する。しかし彼は、それに続く3ヶ月間の禅的集中瞑想によって、呼吸と声の因果関係を悟り、それまで世界の誰にも分からなかった、ベルカント発声法の秘密であり謎と言うべき部分を明らかに説くことに成功する。
その後30年間のヨーロッパに於ける彼の真のベルカント発声法の理論的推考と実践、そして休みなき指導の絶え間ない積み重ねとが相まって飛躍的にその指導力量は高められ、今や彼の手に掛かった歌い手は殆ど一気に、別なもっと素晴らしい歌手に変えられてしまう程である。オペラ座で役をもらえないまま辞めさせられた歌手をカムバックさせるのは、カントベルゼンにとってはまだ朝飯前で、医者も匙を投げた程に声を駄目にしたドラマティック・ソプラノのワーグナー歌手を短期間で回復させ、声を失って2点E音さえも掠れて音にならなかったテノールを、3日目に4度も上の2点B音を力ある響きで歌わせる事に成功させている。そしてその回復が本物であるということが分かるのは、カントベルゼンの
“本物の発声法“で歌わされて居るうちは、回復した声が疲れたり、痛くなったり、荒れたりしてまた元の悪い状態に戻っていく様なことは全く無く、逆に歌えば歌うほど綺麗な声に成り、更に高い音も楽に歌える様になるからである。

最近ドイツのカプフェンブルグ城が行った声楽マスタークラスにおいて、ドイツ中から集まって来た歌手と声楽教師が抱えていた発声のあらゆる問題点を、カントベルゼンは3日間のコースの間に全てをクリヤーし受講者全員から喜びの大喝采を受けた。彼等は勿論カントベルゼンの並外れた甚大な指導力で救われたのだが、彼等の全員が大変に心を動かされ感動したのは、実はカントベルゼン・コバヤシの純粋な音楽への思い、深い人間愛と理解、理想への哲学思想、そして留まることのない彷彿たる指導のエネルギーに対してであった。

(文 realsoundartists  :訳....哲)

 

 

「.....ハル・カントベルゼン教授に因ると、日本人とヨーロッパ人の発声音質の違いは声帯の長さ、厚さ、形 そして声帯を取り巻く骨格や筋肉の働き方また、横隔膜や身体全体の造りや働きと支え等できまって来るが、決定的に違うのが、声に芯があるかないか、との事らしい。それはヨーロッパ人の声の響きの中心にメタリックな集中された鋭い響きが有り、日本人にはそれがはっきりとしない平面的な構造の音声に成っていて、彼はそれぞれを、鏃のように鋭い細い声、柔らかい帯の様な太い声とも表現している。   では.どうしてそうなのかは、今まで人々はその理屈を言うとはしなかったのではなく、解らなかったから言えなかったとの事である。その声楽関係者の死角とも謎とも思えるその部分をカントベルゼンが見事に解明したのである。  発声の真理に近いとされるベルカント唱法を生み出したイタリア人には、元々はっきりとあったそういう声の響きを更に訓練により積み重ねた上に作り上げたベルカント唱法であるので、それが元々なかった声で、それを聞き分ける耳も発達しなかった日本人が、イタリアへ留学し現地のマエストロから伝統的方法で指導されても日本的な想像や感覚の域の中でイミテーション的に発声テクニックを収めて来る事がやっとでであるので、本物の発声法がはっきりと分からないままに、また聴く人々も同じ耳で聞いているものだから、間違った称賛の中で歌い手が、本当に歌えるようになる年齢のはずである頃迄にも待てずに声が落ち込んだり、駄目に成って来るという、残念な目に会う事が当たり前になり、それを歳や病気のせいにして諦めている様な現実が日本には有るらしい。
カントベルゼンはよく、ヨーロッパ人の声を聴く耳は2つ有るが、日本人にはそれが一つしか無いのだという、だから日本人が真にベルカントを物にすることは理論上不可能である、と迄言い切っている、とはいいながらもしかし 彼は、彼のところで学ぶ日本人声楽家の耳をあっという間に2つにしてしまうのであるから不思議だ。正にカントベルゼンの指導力は神掛かりだ、と言わず何と言うべきだろうか?.....」              (K.Bookmeyer)

 

 

 

 

 

<カントベルゼン 声楽マイスタークラスや 講習会を受けた、受講者達からの手紙>

 

クリスチーネさんへ

この間カントベルゼン教授のマイスタークラスに、本当に行ってきました。貴方が一生懸命に薦めめたので、重い腰を上げてとうとう観るだけ見てきました。つまり聴講だけです。それがそれがです、何とも言いようが無い程の、大変に素晴らしいものでした。私はただ聴いていただけでしたのに、もう心から充分に満ち足りて帰宅しました。本当に本当にありがとう!今までずっと何年も、幾多のヨーロッパの名の有る歌手や教授達のマイスタークラスに参加して来ましたが、残念な事に本物の声楽指導者にはお会い出来ませんでした。それが今やっと見つかりました。カントベルゼンは最高の先生です。人間的にも素晴らしく優しいのでとっても感激しました。あの先生のもとでは声の事だけではない音楽と人間が勉強出来ると思います。お願い、カントベルゼン教授の今後のマイスタークラスの情報を絶やさないで下さいね!今度は絶対にレッスンを受けます。よろしく!
ステファニー より (オペラ歌手、ライプチッヒ)

 

 

プロフェッサー・カントベルゼン・コバヤシ教授様

....何よりも先ずは、先生にお会い出来ました事、大変に喜びであり、感謝の気持ちで一杯です。大きな幸運と申したら宜しいのでしょうか、僅か数日間でどんなに沢山の事を勉強出来た事か、口に出してはとても言い表せません。先生は私を救ってくださいました。私はここ数年間あの様に声が思うように出なくなり、声楽の教師としてとても悩んで悲しみの中にありましたが、先週先生はそれを完全に解決して下さいました。苦しみの中から私を引き上げて下さいました。先生の所に、直ぐにでもまた行きたい思いです。あの時一緒にマイスタークラスを受けましたポルトガルのメゾソプラノのペドロさん、昔国際的な歌手として華やかに舞台を踏もうとしていたらしいのですが、生憎これまでいい指導者に恵まれず、落ち込みの中にあったらしいです。それがカントベルゼン教授にあった2日目に今までに無かった新しい世界が開けてきたとの事です。私達にもその日突然彼女に素晴らしい声が神様から宿った様に感じました。ペドロさんは今までスペイン、イタリア、ドイツ、アメリカ、スイスと世界各国を回って声楽の勉強をして来ましたが、やっと今になって将来が明るくなって来た、と喜んでいます。その彼女もまた近く是非一緒に先生の所へ行きたいと、言っていますのでよろしくお願いいたします。では心からの感謝の気持ちを持ってこの手紙を終えたいと思います
ウルリケ・シュピールマン(ハイルボルン音楽院 声楽教師)

 

 

マイスター・カントベルゼン大先生!
この間の大変素晴らしい声楽指導にびっくりしました。先生は正に、みんなに与えられた神様からの贈り物です。先生の指導はとても分かり易く、一人一人に心から温かく接し、深い理解を持って教えて下さるので、私達みんな目も、耳も、心も開いて、神様が創造した様に自然に本当の声が出てくるように成るのですねこれからも何時も自然の真意聞くようにしながら歌を歌って行く様にします。先生!これからもずっとあのように心身共に輝いていて、愛情深く、更にさらに素晴らしい先生でいてください!祈っています。
クリスチャンネ(ソプラノ歌手、合唱指導者、シュトゥットゥガルト)

....................................................................

 

 

<これまで  カントベルゼン のもとで、指導を受け名を成した歌手の例>

 

エヴァ・ディミトローヴァ、 (ブルガリア、ソプラノ)ドイツA級オペラ座歌手。ミュンヘン・ガスタイク・コンクールにて大賞

アニコ・バコニイ(ハンガリー、ソプラノ)ウイーン、フォルクス・オペラ主役歌手。

ヘルムート・フランツ(ウイーン、テノール)49歳で初めてカントベルゼンに声楽の手ほどきを受け、10ヶ月にしてプラハとウイーンにて初コンサートを成功させ、ウイーンのパバロッティと言われる。

ハナ・ミヌテッロ(チェコ、メゾソプラノ)ドミンゴやネトレプコらの大歌手とも一緒に歌う実力歌手。

ヴィオラ・リトワツキー(ポーランド、ソプラノ)ドミンゴ・コンクールにて一位大賞受賞。

ヴィエラ・ユルミエ(アルゼンチン、テノール)スイスのオペラ座中心に活躍中のA級テノール歌手。

ドロテア・ヘルベルト(ドイツ、ソプラノ)17歳の時駄目になりつつあった声をカントベルゼン教授に救われ、ミュンヘン音楽院とロンドン王立音楽アカデミーにて最優秀生、現在ロンドンのオペラ座やザルツブルク音楽祭のオペラ公演に抜擢される国際的ヤングタレント歌手。

アイリカ・クリシャール(ドイツ、ソプラノ)かって歌を諦めた声楽学生をカントベルゼン・コバヤシが育て上げ、完璧なる発声法による超人的高音と、誰にもできない様な緻密な声と完璧なるコントロールで歌う奇跡のソプラノ、と言われるヤング歌手。

その他、ウイーン国立歌劇場で音声障害で解雇されていた、イタリア人のドラマティック・ソプラノ歌手を僅か4ヶ月間の集中練習にてカムバックさせ、
また、プラハ国立歌劇場の合唱団員を半年間のレッスンで、コロラトゥーラ・ソプラノの主役歌手として契約させるのに成功する。